スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい家族



白文鳥と桜文鳥のヒナを
お迎えしたのよ


名前は



よろしくね
スポンサーサイト

部屋から飛び出してしまった小鳥達へ

ネットで鳥関連情報を見てると、
「探してます!」って迷子の小鳥情報をよく見かける。

悲しみと後悔、不安と期待、ごっちゃ混ぜの心を奮い立たせて
必死に探しまわる気持ち、わかります。
私も昔、コザクラちゃんを逃がしてしまった悲しい過去があるから。

鳥には翼があって、飛ぶ能力がある。
あっという間に空高く舞い上がる。
鳥自身も何が起きたかわからなくて、パニックでなおさら羽ばたいてしまうんだろうな。

そんな事わかってんのに、わかってるはずなのに。
普段はしっかり気を付けてても、ほんのちょっとした気の緩みで
何かのはずみで
外に飛び出してしまう事が。
呼べど叫べど、届かない声。
…あの辛さ苦しみは計り知れない。

迷子になった小鳥達が、無事でいてくれますように。
例え我が家に帰れなくても、誰か優しい人に保護されて幸せに暮らしていたらいい。
そうでいて欲しい。
心から願います。

ピーコ大好き

白文鳥ピーコさん


脚が弱く、翼の力もあまりなく、あちこち飛び回ったり文鳥キックも出来なかった。
でも、めちゃんこ可愛い甘えん坊さん
歴代文鳥の中でも、一番心を通わせた子だと思う。


でも、今年の3月11日、病気で天国に行ってしまった。
その前後に色々な事があって、未だに心のどこかに引きずってる。
普段は全然平気だけど、何かのきっかけで胸がギューッ、涙ドバーッ(;ω;)



手の中で眠るのが大好きで、ずーっとニギニギして常時くんかくんか匂いをかいでたw
文鳥の匂い、アロマですワ♪
ぐっすり眠る顔、羽毛の感触、小さい温もり、そして心安らぐ匂い
私の精神安定剤ピーコ^ ^


でも今はもういない。
毎日毎日ずっと一緒にいて、ずーっとニギニギすりすりして。
つらい時も、悲しい時も、いつも癒してくれたピーコ。
もっともっと一緒に居たかった。
ずっとそばに居たかったよ。


友達がね、言うんだぁ。
泣いてちゃピーコちゃんが悲しむよって。
ピーコちゃんが涙の雨で濡れちゃうって。
虹をかけてあげようって。


そうだね。ごめんねピーコ。


ピーコが天国で、さんさんと輝く太陽と青空の下
たくさんの友達と思い切り飛び回れるように
もう涙の雨に濡れたり、
残して来た私の事を心配しないように



頑張るからね。

ピーコ大好きだよ。
ずっとずっと大好き。

インコブーム

今、女性にインコブームが起きてる。
そんな報道を何度も目にする今日この頃。

ホントに?

インコは確かに可愛いよ。
利口だし感情豊かだし。
おしゃべり上手とか芸をしたりとか。

でも、案外鳴き声はデカイ。
文鳥やスズメみたいなピッピッて可愛らしい声とは違う。
グジュグジュぴろぴろギャッギャッぎゃー!
昔、インコうるさいから嫌だと母に言われた事を思い出すw

ゆずもピェー!ピェー!とかなり叫ぶ時がある。
ゆずを買ったショップはオカメの他に大きなインコやオウムがいて、
展示室の鳴き声の凄まじさはさながらジャングル^^;

大きなインコを飼える家の方は、どうしてんのかな、防音とかさ。
専用のケースは見た事あるけど、もちろんケースから出て遊んだりするだろうし。
凄いなぁ♪

そうそう、インコはね、噛むのよ。
何でも。
本や財布、スマホ、ストラップ、電気コード、人の手w
本もビリビリ、穴あいたり端っこガタガタ当たり前w
ちなみにゆずはパソコンのキーボード剥がしが大好きです( ;∀;)


そして、インコは長生き。
ゆずのよーなオカメでも15~25年。
大型なら50年以上
飼い主より長生きする場合もあるよね。

20年と言えば、赤ちゃんが成人式迎えるまで成長する年月。
50年なら、金婚式。
それ以上だと、殆ど人間の一生と変わらない年月。

その間にケガや病気があるかもしれない。
てか、あるよね~どんなに気をつけてても。
人間だっていっぱいあるし。

その時にちゃんと診てくれる病院があるのかはとっても大事。
出来れば鳥専門の医師がいる所。
なかなかナイけど。
ウチの近くは犬猫病院ばっか。
一応鳥も診ますよ、程度。

でも診ますじゃなくて見ますだったw
ただ見る。何やのん。
ゆずを買ったショップで紹介してもらった病院で、初めて鳥を「診る」医師に出会った♪
ちょっと気楽に行ける距離じゃないのと、予約が必要なのと、先生がよく留守なのがタマにキズだけどw
それでも、専門と言うだけで心強い^ ^


インコブーム、グッズが可愛い~とか、インコアイス珍しうまーとか、
インコ臭嗅ぎたいとか、
その延長上でインコ飼ってみよ、なんて事にならなきゃいーな。
小さくても命あるもの。
馴染み深いセキセイインコでも、この先10年は世話しなきゃだわよ。
暑い寒いに気を使い、餌や水を与え掃除をし、一日一度は遊んだり体調はどうか気にかけたり。
今日はしたくない、面倒くさいなんて出来ない。
でも、それでも可愛いのよね~小鳥って。゚+.(・∀・)゚+.゚

ピーコ登場


アタチはピーコ。
白文鳥の女の子

ゆずよりも先輩よ先輩。
5歳のお年頃
え?もうオバサン?
いま流行りの美魔女よ美・魔・女



アタチって美人でしょ~(ドヤ顔)
みんな可愛い&きれいって褒めてくれるの♪

ホントは脚弱だとか翼はショボショボだとかは置いといて。
こんなアタチに今日も飼い主はメロメロ。
美しいって罪よね(( ̄ー ̄)ニヤ


アタチの隣人はこいつ

おかちめんこのゆずよ
え?おかめち○こ?
まぁどーだっていいわ

このゆずっこときたら!
まだ子供のくせにデカイのよっ
今114グラムもあるって飼い主が頭抱えてるわw
だって食いしん坊だもの。
アタチがゆずっこのペレット食べて手伝ってるのに。
ゆずっこは寝る前にシードのおやつもらってるのよね。
ちょっと飼い主~ゆずっこに甘いんじゃないの?(-""-;)

やっはりおやつはヘルシーに野菜よ

このアタチのスレンダーボディを見習ってほしいわっ



ちなみにアタチの今の趣味は

卵産む事かしらぁ♪
バリバリ栄養のあるもの食べて
どんどん産むわよーっ!
アタチが卵産むたびにorzのポーズしてる飼い主。
まったく何でも悩むんだからぁ。

さぁ今日も美しいアタチが通るわよっ
仕方ない、飼い主に握らせてやろっかな。
甘えん坊文鳥やるのも悪くないわっ( ̄m ̄〃)





ピーコおばたん怖っ(ゆずの気持ち)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。